テロメアの長さ

スウェーデンストックホルムのカロリンスカ大学病院の研究チームは、主に座って生活する69歳の成人29人のうち半分は、6ヶ月以上の運動をするようにして、残りの半分は、普段の生活習慣を維持するようにした。また、両方のグループに万歩計を着用させて、毎日歩く量座っている時間、立っている時間などを徹底的に記録することにした。6ヶ月の間隔で二回の血液サンプルを採取してテロメアの長さを測定した結果運動時間や歩行数などは、テロメアの長さに大きな影響を及ぼさなかったが、一方、座っている時間に応じて、テロメアの長さが違ってくるという事実を発見した。テロメアは染色体の末端部が解放されないように保護する部分であるが、細胞が分裂するたびにチップがますます解かれながら、長さが短くなって、同時に、細胞が老化されている。研究チームは、「長時間座っている人ほど、テロメアの長さが短かった。これは寿命にも直接影響を与えると思われる」とし「現代人は健康のために運動時間を伸ばす一方、同時に座っている時間も長くなった傾向がている」と指摘した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック